ポポの日記と花とドライブ popo119.exblog.jp

花とドライブとワンコと


by ポポ
プロフィールを見る
画像一覧

秋になるとドキッ!と…ヘ(´ー`; )ノ ヤレヤレ

秋になるとドキッ!と…ヘ(´ー`; )ノ ヤレヤレ

3年前の秋頃に
足の裏に黒いホクロ状のものが出来
気になって整形外科へ行きましたら

先生曰く「今の所は何とも言えないが…
皮膚がんの疑いもありますね…」との事

b0364186_10483828.gif

母親を手おくれで3ヵ月半で亡くしているので
気になって「取れますか?
と私…

先生は「大丈夫ですよ!」で
帰りに3日後に手術の予約をして帰宅

手術はとても簡単に考えていた私…
当日先生が
「足の裏は皮膚が硬いので麻酔の注射は痛いかも」と
凄く太い注射針で…痛いのなんのって…
ワ~ッって叫んで涙が出ましたが…
後は麻酔が効いて…終っていました

抜糸は足の裏だから10日後~2週間後ですとの事
ただ、検査結果を聞く為と
傷口の消毒と様子見で1週間後に行ったら
傷口をみて「抜糸をしましょう!」と言い
抜糸をして「結果良好」で安心して帰宅

その日(土)の夜遅くパソコンをしていて
立てていた足先を下に降ろしたら何となく…
違和感が…その内白いソックスが
真っ赤に染まってビックリ!

b0364186_11101775.gif
傷口が開いて…良く見たら
1㎝四方の穴が開いていましたので又、ビックリ!
b0364186_10483828.gif

大型のカットバンとタオルで応急処置をして
翌日救急で病院へ(日曜日)

b0364186_11095304.gif
即、縫い直しとなり
「痛いけど我慢してください!」で
またまた太い麻酔注射で叫び声を上げました
今度は確実に2週間後に抜糸ですからね!と
b0364186_17553294.gif
こんな事が有り無事に
2週間後に落ち着いた次第ですが…

その後に足の裏がチクチクジンジンし初めて
診てもらっても
大丈夫傷口は綺麗ですと…
2度行って同じ答えでしたので

他の病院へ行って見てもらいましたら
「手術をした病院でないと何とも言えない」
(悪口になるといけないので)
もう一度同じ病院で診てもらって下さいとなり

自信暗記となり
やむなくお風呂で温めてどうしてこうも痛いのかと
(最後には歩けないほどとなり)
自分でナイフとピンセットで
少しづつ穴をあけた所理由が解りました

傷口の中から針状の物が顔を出したのです
塗った糸が血で固まって
針のごとく硬くなって中から傷口を
つついていたのです

足から出て来た針状の物が1cmありました
翌日それを持って病院に苦情を言いに行きましたが
先生曰く…
「申し訳ございませんでした…2度目の手術の時に
前の糸を全部取り除かずに再度縫ったようです」

で、謝って終わりでした
その後その整形外科には行く気さえ
起きませんので…

そのような事が有り…
秋になるとついつい足の裏を見てしまします

ただ皮膚がんで無くて良かったと今思っています
b0364186_12352058.gif
長々とお読み頂き有り難うございました
b0364186_12372460.gif
私の愚痴ですねo(*^▽^*)oあはっ♪

Commented by 山親父 at 2016-09-06 21:08 x
こんばんは。

簡単な手術でも気を付けないといけませんね。
まさかというようなこともありますね。

足の裏はちょっとした傷でも痛いものですが、手術時の糸の抜き忘れとはね。
しかしよくまあ、ご自分で見つけられました、しかし見つかってよかったですね。

そのようなことが秋にあれば、やはり思い出しますね。
Commented by popo119-32 at 2016-09-06 23:06
> 山親父さま こんばんは~(^_-)-☆
ご訪問有り難うございます(*⌒∇⌒*)ニコッ

ホクロを取るだけだと簡単に考えていましたら
ガンの疑いが有る為
しっかりと足の裏に大きな穴が空いていてビックリしました

良く手術のガーゼを忘れてしまった話は聞きますが…
足の裏の縫い糸は足の皮が厚いため解けない糸を使うそうですので
解けずに硬い糸となって外へ出ようと皮膚を中から押していたようです

その為に痛くて寝て居ても痛くて
どうなっているのか気が狂いそうでしたから
止む終えなくて少しづつ穴をあけて押したら中から
硬くて真っ黒な物が飛び出して来ました
翌日それを持って病院に行き見てもらったら「糸」だと解りました

まだ傷口はしっかりへこんで残っていますので
秋になると思い出してしまいます……(_ _。)・・・シュン
コメントを有り難うございました(*^_^*)

Commented by jollyhot at 2016-09-07 00:04 x
完全な医療ミスじゃないですか。
もっと抗議して良いですよ、それ。ただでさえ皮膚ガンで表皮にはもっと注意を払うべき筈。ヤブ医者もいいところです。
医院長に直接苦情を言わないと、もみ消されますよ。
うるさい患者だと思われる位の方が、次に慎重に対処すると思います。
最近、その手の過誤が多いです。
Commented by popo119-32 at 2016-09-07 07:18
> jollyhotさま お早うございま~す(^^♪
ご訪問有り難うございます(*⌒∇⌒*)ニコッ

本当に私もそう思って傷口から出て来た硬い糸を持って
講義に行きましたが…
担当の先生は東京に戻られてもうみえませんので…と
副院長が診察して「申し訳ございません、今後注意致します」
「今回は綺麗に縫合されていますのでもう大丈夫かと…」で終了でした

患者って弱い立場ですね
コメントを有り難うございました(*^_^*)
Commented by 自遊人 at 2016-09-07 09:42 x
おはようございます

3年前と言えば最近の話、大変なことが有ったのですね!
医者の評判なども参考にしなければいけないのかもしれませんね!

私も似たような再手術したことが有りましたが70年も前小2の出来事です(古すぎご容赦)。
終戦翌年の正月、東京杉並の家の裏はすぐに田圃、せいび川に沿った幅1m程の小川を走ってきて飛び越えると対岸の槍の様にとがった笹竹の切株、ゴム草履を通過して右足の上にまで突き抜ける怪我、母親や兄にオンブされてバスで渋谷まで行き、渋谷から都電で宮益坂の都交通局病院に暫く通いましたが歩けず、再度傷口を切開すると小さな砂利などが取り残してあり再手術で歩けるようになりましたが、今でも傷跡が残っており当時の状況や出来事など懐かしく思い出します。
Commented by popo119-32 at 2016-09-07 13:42
> 自遊人さま こんにちは~(^^♪
ご訪問有り難うございます(*⌒∇⌒*)ニコッ

怖いお話ですねぇ~…( ̄へ ̄|||) ウーム
自遊人さんは色々と大きな怪我をされて…ビックリです
70年前の医療では手術なども大変だった事でしょうね

私は3~4年前は丁度皮膚がんが見つかって云々と言う時でしたので
気になって行きましたら…即手術、10日後の抜糸を1週間で抜糸され
再度縫合となりましたがあの注射の痛さは特別でしたわ…涙…

自遊人さまもどうぞお体をご自愛下さいませ
コメントを有り難うございました(*^_^*)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by popo119-32 | 2016-09-06 12:43 | Comments(6)